buonitaliaのblog

IMG_2758IMG_2757
時々作るアルバニアのパイ。小麦粉と
オリーブオイル、打ち粉に片栗粉を使って
パリパリサクサクの軽い生地ができます。
バターのパイ生地よりあっさりしています。

教えてくれたのは、アルバニアの友人。

彼女は30年近く前にセメントを積んだ船で
難民としてイタリアに来ました。
食べ物がなくて国が若者を追い出そうとして
いたそう。一緒に乗った弟は、船が出発して
姉の無事を確認したら、海に飛び込み、泳いで
国に戻りました。今は祖国で立派に仕事を
しています。


友人は、気がついたらイタリアの病院のベッド
でした。その後ウンブリアの村で仕事を見つけ、
結婚して二人の子供も大きくなりました。
40歳を過ぎて猛勉強し、看護婦の資格をとり、
今年から大きな病院で働く忙しい毎日です。
50歳も近いはず。


下の子が私の息子と同じ年で、一緒に子育てを
しながらいろんなアルバニア料理を習いました。
イタリア料理と似ているところもあるけれど、
ヨーグルトをよく使ったり、ギリシャなど中東の
要素もよくあります。パイを作る時いつも彼女の
ことを考えます。


具はなんでもよくて、今日はブロッコリと
オリーブの実をぎっしり詰めて焼きました。
ブロッコリは指でつぶれるほど柔らかく蒸し、
オリーブオイルとアンチョビで軽く炒めます。
塩少々で味付けし、パルメザンチーズを上に
かけました。


具はカリフラワー、ほうれん草、レタスなど
なんでもOK。子供たちも楽しくおいしく食べ、
野菜を大量摂取していることに気がつかずに
育ちました。

IMG_2752IMG_2740
IMG_2748
いつもご覧いただきありがとうございます。
ご来店いただいた際に記事や料理について
お話できてとてもうれしく思っております。


今日はパプリカのオイル和えでまたまた
搾りたてのオイルを満喫しました。

パプリカは夏が旬ですが、秋も深まり畑の
冬野菜がまだ育っていない時期に、夏の
名残りとして最後までがんばってくれる
ありがたい野菜です。


東京ではこの時期緑色の肉厚のパプリカが
安価で売られているのを見かけます。
放置しておくと追熟して写真のような色に
変わります。


フライパンで真っ黒くなるまで丸ごと焼いて、
皮を剥いて塩、にんにく、オリーブオイルで
和えるだけです。

オイルたっぷりのパプリカをパンと一緒に
食べると、じゅわっとオリーブオイルや
パプリカの香りが広がり、とてもおいしいです。

パプリカは良く焼くことで消化もよくなり、
食物繊維やビタミンが大変豊富です。
オリーブオイルと一緒に摂ることでお腹の
調子もよくなります。一人で3つくらいは
食べています。

IMG_2702IMG_2690
みなさま搾りたてのオリーブオイルはもう
召し上がりましたか?

今日は十八番のブロッコリのパスタを作り
ました。このパスタは生のオリーブオイルで
和えるため、香りの高い搾りたてのオリーブ
オイルが活きてきます。


今日はパスタも手打ちにして、ちょっとした
御馳走。ブロッコリは10分以上茹でます。
パスタと一緒に茹でるので、パスタの種類に
合わせて時間を調整しましょう。(今日の
生パスタは2,3分ゆでたので、ブロッコリは
その7、8分前に鍋にいれます)


ブロッコリがクタクタのクリーム状になり、
パスタによく絡んでソースのようになります。
オリーブオイル、にんにく、アンチョビ、塩、
ミニトマトを別のボールに入れ、茹であがった
パスタとブロッコリの湯を切って和えます。


オリーブオイルのアロマの芳香がぱっと広がり、
最高の一品です。ブロッコリは南地中海原産の
野菜。オリーブオイルとの相性も抜群です。
ぜひ良い土壌で育った味のあるブロッコリで
作ってみてください。

このページのトップヘ