buonitaliaのblog

IMG_4545IMG_4538

仕事の帰りによく近くのマルシェに寄ります。

野菜をクタクタ煮にするためには、味と香りのする、

量が多くて値段が良心的な野菜というのがポイントに

なります。


都心ではこの三つが揃うのが意外と難しいのかも

しれません。しかし選択肢が豊富なのもまた東京。

2週間に一度届く契約農家さんからの

野菜と、マルシェさんで実現させております。


先日はモロッコインゲンの束を見つけました。

イタリアの人はインゲンやモロッコインゲンの先の

とんがった部分を切り落として調理します。

消化に悪いそうです。

確かにこんなに沢山食べたらお腹の中で刺さりそう

だから全部除きます。


ボリュームを出したかったのでジャガイモも一緒に

オリーブオイルたっぷりでコトコト煮ました。

パンと野菜でお腹いっぱい。

まだまだインゲンやナス、ズッキーニ、トマトなどの

夏野菜に頼りたいけど、気温が下がってきたから

そろそろ終わりかな。寂しくなります。

IMG_4533

昨日作り始めたチーズ。麻の布で巻いて一晩

水切りをして、今朝塩を振りました。まな板の

上に置いておくとまだまだホエーが出てきます。


お昼くらいにはだんだん黄色っぽい色に変わってきました。

できたての白い塊もとても綺麗ですが、黄色に変わってくる

のもまた嬉しいものです。このまま乾かして、今晩には

タッパーに入れて野菜室で熟成開始です。


木次のノンホモジャージー牛乳を使ってます。

6リットルで2つ。食べごろは2ヶ月半くらいから。

IMG_4512IMG_4510
IMG_4501

秋のピーマンが出回り始めました。ピーマンと

言っても、パプリカが熟す前の緑色で肉厚のものです。

これから熟すほど気温が上がらないので、安く出回ります。

大きいの5個で150円!


米、レーズン、松の実、牛ひき肉、玉ねぎ、

オレガノ、トマト、オリーブオイル、塩、ナツメグを

混ぜた具を詰め、水とオリーブオイルで煮ています。

(肉なしでも美味しいです)


米はピーマン一個につき大さじ2杯。中に具を詰めすぎると

米が増えてピーマンからはみ出るので、八分目くらいにふんわり

詰めます。鍋で収まりが悪かったので真ん中にトマトを一個
入れました。塩をしてオリーブオイル半カップ、水カップ1くらいを
入れて蓋をして、静かにコトコト煮ます。


このままでも美味しいですが、その後200度のオーブンで

20分くらい焼きました。味がギュッと凝縮されて香ばしく

なります。できたてより少し置いた方が良いです。


水とオリーブオイルで煮る料理はたくさんあります。

水と油って喧嘩してるイメージだけど、実は仲良し。

油だけで煮るより料理があっさりして良いです。


このページのトップヘ