buonitaliaのblog

IMG_8092 (2)
IMG_8072
IMG_8074
IMG_8076
ウイキョウを見つけました。根が小さいけど香りは
とても良いです。

ウイキョウは畑で育てていた時は冬中食べる便利な
野菜でした。地中海原産ですが、意外としょうゆや
お米との相性もよく、和食が食べたくなるとオイルと
しょうゆでクタクタに炒めてパラパラのご飯にかけて
食べていました。普段あまり見かけないのでうれしい・・・。

ウイキョウは最も古くから栽培されていた野菜の一つと
され、オリーブオイルとの相性も大変よいです。
どちらも胃腸に良いので、冬の間新鮮なオリーブオイルを
かけて生でポリポリ食べたりもします。パーティの前菜でよく
出てきて、ここのお店はオリーブオイルに自信があるんだなと
思ったことがありました。

今日は新じゃがと一緒に炒め煮にしました。ザクザク切って
にんにくとオリーブオイルでやわらかく炒めただけ。
*蓋をして極弱火です。
塩だけの単純な味付けですが、オリーブオイルでウイキョウの香り、
じゃがいものおいしさが際立ちます。オリーブの実がアクセントに
なっています。
お酒にもよく合う大人っぽい味です。ウイキョウを見かけたらぜひ!

IMG_8068
IMG_8034
IMG_8046
IMG_8051
ハルヴァを作りました。ハルヴァはアラブ諸国から
モロッコの方まで色んな作り方がありますね。
今日のはゴマとアーモンドプードルを使っています。
よく見かけるのはひまわりの種のペースト。小麦粉と
バターをよく炒めて固めたのもナッツや種子とはまた
全然違って面白いです。

オレンジピールを作る時毎年煮汁が少し残ります。
オレンジの香りの濃いシロップみたいな感じです。
もったいないからお菓子に入れてオレンジの風味を
楽しんでいて、以前からハルヴァに入れたらおいしい
のではないかと思っていました。

分量はおおよそで、ピスタチオを上に飾りました。
ゴマは軽く炒って油分が出るまでミキサーにかけて
ペースト状にします。アーモンドプードルもさっと炒って
ゴマペーストとよくなじませます。

卵白をしっかり泡立てます。そこに熱々に煮詰めた
オレンジピールの煮汁とオレンジのハチミツを入れて
さらに泡立てます。イタリアンメレンゲとよく似てます。
このメレンゲをゴマペーストに練り込んでタッパーなどの
型に入れて冷めたら適当に切って食べます。

今日は私にしては珍しく手間をかけ、一口サイズにしました。
ピスタチオを飾りました。最初の一口は甘!と思いますが、
ゴマやアーモンドが濃厚で異国のお菓子なのにアジア
らしさも漂わせています。ピスタチオのアクセントが気に入ってます。
カルダモンも入れればよかったなーと思いました。紅茶を
入れて午後に一息入れるのにもぴったりです。


IMG_8012
IMG_8029
オレンジピール1週間の乾かしが終わりました。
今週はよく晴れて湿気も少なかったのでラッキーでした。
明日から雨かな?まとまったお天気の時がねらい目です。

グラニュー糖をまんべんなくまぶしてから瓶に入れます。
乾きすぎるとグラニュー糖がくっつかないので乾き具合も
考慮しています。しっかり砂糖を入れて煮て乾かすことで
カビの繁殖を防ぎます。
(大量にあるのでジップロックに重ならないように並べて
野菜室に保管します。)

オレンジが出回るのが春先なので、冬に使うまで保管します。
イタリアだと、11月からオレンジが出回っているので日本でも
そうなってほしいなとは思いますが、気候上仕方がないのかも。
でもイタリアの昔の文献などを読むと、オレンジの香りのケーキ
などは春の訪れを表していて、イタリアでもオレンジは春が旬なの
だとは思います。

パウンドケーキやビスケットを焼くとき一緒にいれると
ワンランク上のお菓子に!去年はシュトーレンにも使いました。
子供の頃ならこんな瓶が戸棚に入っていたら思わずにっこり
してしまうだろうなと思います。BGMはシューマンの子供の情景です。

このページのトップヘ