buonitaliaのblog

IMG_7929
IMG_7903
IMG_7910
IMG_7918

そら豆のポロです。

昔シエナにいた時、同じアパートに住んでいた
イランの女の子にご馳走してもらいました。その時に
バスマティライスのお香りとホワ~ッとふんわり炊けた
ポロが大好きになりました。

バスマティライスは常備していて、時々豆カレーと一緒に
食べたりして楽しんでいます。
ディルがあまりたくさん売っていなかったので、イタリアンパセリも
足しました。香草をたっぷり使って米の香りをさらに引き出します。
イタリアもディルの葉や根のウイキョウをよく食べます。野山に自生
していて香りも抜群ですが、イランの女の子は国からご両親に送って
もらった大事な乾燥ディルを使っていました。香りが違うのだそうです。

今日は米2カップ、さやから出して薄皮をむいたそら豆200g、
刻んだ香草大さじ4杯を用意しました。4人分くらいかな。
そら豆は豆に包丁で軽く切り込みを入れ、熱湯でさっとゆでて
薄皮をむきます。

米は軽く洗って水に30分ほどつけ、塩を入れたお湯で5,6分
茹でてザルにあけます。鍋にオリーブオイルを大さじ3,4杯入れ、
全体の量の3分の1の米、そら豆2分の1、香草2分の1を入れ、
また3分の1の米を入れます。もう一度残りのそら豆と香草を
入れて残りの米を入れ、木べらの枝などで空洞をいくつか作り、
布を巻いた蓋をします。弱火で1時間近く蒸したら熱々のところに
ギーを大さじ1杯入れてやさしく混ぜたら出来上がり。

イランのふんわりそら豆ご飯、旬の季節にいかがでしょう。

DSCN0606
DSCN0615
IMG_7900
IMG_7902

ウンブリアにも春が訪れています。写真はワンワンくんと
アガタちゃん。アガタちゃんは友人の犬で、セグージョイタリアーノ
(イタリアンハウンド)です。うちにも昔赤茶のがいました。
スリムでエレガントだけど全然言うことをきかなかったなあ・・・。
アガタちゃんはおりこうさんです。

ワンワンくんは迷い犬でシルヴィオが山を散歩中に
ついてきてそのまま家にいます。イングリッシュスプリンガー
スパニエル、運動量がすごいです。ウンブリアはジビエを
よく食べる州だからか、山を歩いていると猟犬をよくみかけます。
(2匹とも家犬です)

ワンワンの名前は前に書いたかもしれませんが、
犬の鳴き声をワンワンと言ったら大変
面白がられたのがきっかけです。雄鶏の鳴き声も
キッキリキーで私はそちらの方が面白いですね。

痛みの表現も日本語だと便利ですが、あちらでは
使えないのが歯がゆいです。シクシク、キリキリ、ズキズキなど
すばらしいなと思います。

なかなかイタリアに行けなくなってしまいましたが、今度の
夏には行けるといいです・・・。
先日はやっとポンペイ展に行ってきました。古代のイタリアを
満喫できてよかったです。オリーブの木があったので記念に
写真を撮りました。オリーブオイルは貿易にも食生活にも大事な
食材でした。あとモザイクのロブスターとタコの戦いというのがウケました。
4月3日までです。

IMG_7853
IMG_7849
IMG_7850
IMG_7829
IMG_7835
IMG_7844
菜の花のパスタを作りました。少し前にお客様から
菜の花はパスタに使えますかと質問がありました。
菜の花のパスタ、定番ですヽ(^o^)丿

たっぷりの菜の花をやわらかく炒めてトロトロにします。
オリーブオイルと菜の花の味を再確認できます。

オイルとにんにく、唐辛子を炒め、菜の花を入れ、塩をして
弱火で30分以上ゆっくり蒸らし炒めにします。茎が硬かったので
表面を少し取り除きました。ガジガジするととろけてくれないので
菜の花の状態をよく見ましょう。

パスタと和えて上にオリーブオイルをまわしかけたら出来上がり。
オリーブオイルは炒める時に菜の花のうま味や甘味を引き出し、
苦味を緩和させます。最後にかけるのはオリーブオイルの芳香を
味わうため。ひとつの調味料で二つの役割、面白いです。
食べているとオリーブオイルの芳香が鼻に抜けて心地よいです。

パスタは定番のオレッキエッティです。セモリナ粉に粉の半分量の
水を加えてこね、1時間ほどラップして寝かせます。
細めの棒状に伸ばしたら、食事用ナイフで1センチくらいに切って
生地をナイフでまな板にこすりつけるように手前に動かします。
くるりと裏返して出来上がり。ナイフを使うとうまい具合に表面が
ガサガサしてくれます。ソースによく絡みます。

半乾きくらいがおいしいので、麻の布をかぶせて風通しの良いところに
しばらく置きます。(市販のスパゲッティやペンネなどでもOKです)
菜の花たっぷりのおうちパスタを堪能できます!

今日は年配の女性がわざわざ遠くからおいしい生活の本を持って
ご来店。今3回目を読み始めたそうで、枕元においているそうです。
胸がいっぱいのうれしさです。

このページのトップヘ