buonitaliaのblog

IMG_4018
IMG_3957
IMG_3979
IMG_3973
IMG_3997
IMG_4005
今日はオリーブオイルを使ったパイ生地で
カリフラワーのパイを作りました\(^o^)/

いつも作っているアルバニア風のパイにイースト菌を
混ぜています。バリッとサクッとした生地。やわらかい
カリフラワーにパルミジャーノたっぷりです。

粉ものの楽しさ、野菜のやわらかさ、オリーブオイルの
軽さがたまりません。

温度管理が必要ないので簡単です。カリフラワーは指で
簡単につぶれるくらい柔らかく蒸してから炒めて水分を
飛ばします。

もうすこし細かく動画編集したかったのですがめげました😢
粉ものは実際に作っているところを見てもらうのが一番です。
今度のどこかで料理会でもパイ生地に挑戦してみたいです。

そして今度の水曜日はお料理会です!今月はサルシッチャを
作ります。腸詰め用に目からうろこの秘密兵器を用意して
います(フフフ)。みなさんお楽しみに😊

IMG_3944
IMG_3936
そら豆がたくさん届きました😊
全部で8㎏でした。さやを剥いたら3㎏ちょい。

薄皮を剥いたらさらに少なくなりますね。

そら豆のポロにしたり、スープにしたり、
これからしばらく楽しめそうです。
剥いたら小分けにして冷凍します。凍ったまま
茹でればよいので思いついたときに料理できて
重宝します。

IMG_3905
今日は細い羊の腸を使ったぐるぐる巻きサルシッチャを
作りました。サルシッチャ、だいぶ知名度は
上がったけど、まだまだ知らない人の方が多いかしら。

いわゆるウィンナーとは全然違う、生の肉を
腸に詰めたソーセージです。
イタリア人にとってソーセージと言えばサルシッチャ。
安価でどこででも手に入ります。地域によって色々な
サルシッチャがあります。

そのままの形で焼いたり煮たりしてメイン料理にも
なるし、ほぐして様々な料理の旨味の素にもなり、その
活用法はエンドレス。塩、こしょう、にんにく、ワインが
調味料。添加物も一切必要なし。

腸詰めというとハードルが高いですが、日本ではなかなか
手に入りにくいので、中身だけ作って料理に使うと
イタリアの味を再現できます。どこからどこまでがサルシッチャ
ですか?ときかれたことがあります。腸に詰めても詰めないで
中身だけの状態でもサルシッチャとして日常使っています。

イタリア人にサルシッチャの料理を作ったと言うと、必ずしも
腸詰めを想像しないと思います。サルシッチャのパスタ、
サルシッチャのリゾット、サルシッチャの具、などの
言い方をします。サルシッチャのパスタと聞いて丸ごと
腸詰めが入っているとは誰も思わないのではないかと思います。

次回のお料理会では豚の解体からサルシッチャを含む
加工のお話もできればと思います😊

このページのトップヘ