buonitaliaのblog

2023年01月

0ABFADCA-7654-485A-8B1B-D04FED8BFF46A5B1C2C6-F728-43CF-836B-9930F68154FA
1267BE65-CA3B-449E-8D8C-012AA0C67121
3B64AEDD-AE71-440A-A630-E4808E1029C0
DEB94F37-C382-4729-916A-09BBE4045FD4
F6E16DE6-1459-436C-9359-795C6D27B1DF
 
牛肉のスープとトルテッリーニを作りました。
スープは前日に作り、冷えたら固まった脂肪を取り除きます。写真の材料と黒胡椒の粒、クローブを入れ、水から弱火で2時間煮ます。
最初出たアクは取り除きます。

こういう牛肉が日本でも手に入るようになればなあと思います。
結構赤身肉が好きという声をまわりの日本人からもたくさんきくのだけど、難しいのかなぁ。

牛肉のスープは滋養があります。シルヴィオがインフルエンザやら手術でかなり体力が落ちたので、頑張ってほしいです。

トルテッリーニの具はモルタデッラ、生ハム、パルミジャーノ、ターキー胸肉(普通は豚肉)。さすがボローニャが誇る材料をふんだんに使ってため息がでます。

生地は卵2個、00粉150g、セモリナ粉40gでした。スープに直接入れ、しばらく茹でたら出来上がりです!

D78A2A67-069D-4333-9978-108E4B1F8644
AC8BB209-D76F-4FD4-A1E0-A6B33F7702D7
00835D6B-0F8D-4BD7-A9CF-E22EBFFA9A0E
AC76FEEE-0FD6-4EA5-B8E6-2C17FABDC10C
6134C837-E8B4-444D-88AD-0322279A6F97
2FD663C3-6D9C-413D-A880-DEACB47F01AA
朝起きたらまず暖炉を掃除して火をつけます。
10年ぶりくらいに冬のウンブリアに来て
暖炉がうれしくてたまりません。歩いていると薪が燃える匂いが村中でしています。

昨日友人に畑のキャベツをいただいたので、キャベツとジャガイモの炒め物を作り、定番の炭火でサルシッチャを焼きました。東京にいる時もこの友人のキャベツが常に念頭にあります。

暖炉は家の中でアウトドアが出来て相当好きです。チリ一つない家と灰や木クズで散らかっている家とでいつも悩みます。

 

5F94B87F-E19C-482E-8BDB-317B418081BB3FB0780D-2DBF-450E-8D4F-A6D4F4DB9ED8
9D40D911-16EE-4B15-96D4-360544B2A5CB
2F60D7E3-A9A0-4D23-9A15-468EFBA8696A
1C292B25-CA57-4956-8E28-A8DDE03F32F6
53E441F7-376F-4CE1-895A-602FC5C32656
F36B7491-6DF6-46F8-BD0B-9AA56D6A09CA
CFAA089B-DCD4-4EBA-82DA-CF4116902E7A
今日はローマの友人のお見舞いに行ってきました。インフルエンザ流行ってます。

ローマは4年近く暮らした街です。シルヴィオの仕事をずっと手伝っていたので今も道とかよく覚えています。AP通信の前も通りました。

パンテオンは裏が穴場で座り心地抜群、お気に入りスポットです。近くのミネルバ教会も超おすすめです。ミケランジェロの作品が普通に見れます。

本屋の漫画コーナー、以前は地下の片隅にひっそりでしたが、目立つ入り口に広いスペースが!
チェンソーマンから萩尾望都、巨人の星まで充実していて顔がにやけまくりました。

ロショーリのパン毎日食べていたけど有名になりすぎて近寄れないほどの人でした。ローマのピッツァビアンカはシャープな味わいがたまりません。歩きながら食べ、お花屋さんで友人の好きな花を買ってお見舞いに。友人は外出できないので買い物もしました。早くよくなってほしいです。

今日はタクシー運転手さんやお花屋さん、お店の人たちにどのくらいイタリアに住んでいるか訊かれました。20代を思い出してジーンときて、夜ウンブリアに着いたら綺麗な空気でまたしみじみ。

B550B405-44B6-47AC-AA1A-9492DBFBA3E5
明けましておめでとうございます❗️
本年もよろしくお願い致します。
7時50分ウンブリアの日の出です。

このページのトップヘ