IMG_5886IMG_5875
IMG_5873

暑い日が続いています。今日は好きな夏野菜で冷たい

パスタです。


青ナス(今年はとろナスと呼ぶところもでてきた)と

パプリカ、ズッキーニ、別々に焼いて冷まして

からパスタと和えます。

イタリアでは冷たく冷やしたパスタはメジャーではないですが、

熱々ではないパスタは夏によく食べます。いずれにしろパスタを

茹でてから水で洗うのに抵抗感があるようで、ステンレスのバットを

冷凍庫でキンキンに冷やしてそこでパスタを和えたり、茹でたパスタに

氷を投入したり。水で洗うとパスタの塩分や旨みが抜けて美味しくないと。


さて、3種類の野菜は別々に調理します。パプリカは

焦げ目がつくほど焼いて薄皮と種を取り除きます。

ズッキーニ、ナスはサイコロ型に切って、それぞれオリーブオイル、

塩、バジルの葉を入れて、柔らかくなるまで中火で焼きます。

ミニトマトは食べやすい大きさに切り、ニンニク2かけ、オリーブオイル、

塩、ビネガー、オレガノ、すべての野菜を和えて冷蔵庫で冷やします。

そこに粗熱をとったパスタを入れて出来上がり。


野菜がとろけてパスタによく絡み、味のハーモニーが幸せ感いっぱいです。

野菜を別々に調理するの、面倒かもしれませんが、一緒に炒めるのと全然

違う味になります。野菜愛溢れる丁寧な作業、作っている時は暑いけど、

食べた時に作ってよかったと思えます。