IMG_6013IMG_6006
IMG_6008
IMG_6010
IMG_6012
この前から幅広パスタ・パッパルデッラが
食べたいなと思っていて、ほうれん草を
練りこんで作りました。


ソースは1月に作って熟成させていた
ゴルゴンちゃんと、3か月前に作ったタレッジョと
カチョッタを合わせたようなタイプのチーズを、
パスタを茹でる時余熱で溶かして作ります。


4人分の手打ちパスタ:“00”粉約300g、卵2個、
ほうれん草約150g。使う粉やほうれん草の水分、
卵の分量、湿度によるので、厳密に計ってもあまり
意味がないかも。


目安は粉80gに対して全卵1個。ゆるめにこねて
おおらかに粉を足していくのが一番確実です。
今回はほうれん草が入って卵1個分少ないです。
茹で時間も自分で判断します。
(麺を入れて沸騰したら2分くらい)


パスタマシーンは使っていません。結局あれも
設置する時やまわす時に力が要るし、洗えないし
重たいし・・・。めん棒と重くない台をずっと
使っています。


ほうれん草は洗って根の部分を切り、水切りしないで
フライパンに入れ、塩少々入れて蓋をし、蒸らし煮に
します。しんなりするまで中火で3分くらい?
水気をよく切ってブレンダーにかけてペースト状にします。

ほうれん草ペーストは冷ましてから粉と全卵を混ぜます。
ゴルゴンゾーラのしっかりした味にほうれん草の
わずかな甘味がとてもおいしいです。


手作りチーズは日本在住のイタリア人とフランス人に
感激されます。教えたら手作りにはまった人も。
チーズは食後の血糖値を急激に下げない働きがあるそうで、
フランス人が食後にチーズ食べるのに納得。
お酒を飲んだ時無性にチーズが食べたくなるの
なるほどなと思いました。