IMG_3905
今日は細い羊の腸を使ったぐるぐる巻きサルシッチャを
作りました。サルシッチャ、だいぶ知名度は
上がったけど、まだまだ知らない人の方が多いかしら。

いわゆるウィンナーとは全然違う、生の肉を
腸に詰めたソーセージです。
イタリア人にとってソーセージと言えばサルシッチャ。
安価でどこででも手に入ります。地域によって色々な
サルシッチャがあります。

そのままの形で焼いたり煮たりしてメイン料理にも
なるし、ほぐして様々な料理の旨味の素にもなり、その
活用法はエンドレス。塩、こしょう、にんにく、ワインが
調味料。添加物も一切必要なし。

腸詰めというとハードルが高いですが、日本ではなかなか
手に入りにくいので、中身だけ作って料理に使うと
イタリアの味を再現できます。どこからどこまでがサルシッチャ
ですか?ときかれたことがあります。腸に詰めても詰めないで
中身だけの状態でもサルシッチャとして日常使っています。

イタリア人にサルシッチャの料理を作ったと言うと、必ずしも
腸詰めを想像しないと思います。サルシッチャのパスタ、
サルシッチャのリゾット、サルシッチャの具、などの
言い方をします。サルシッチャのパスタと聞いて丸ごと
腸詰めが入っているとは誰も思わないのではないかと思います。

次回のお料理会では豚の解体からサルシッチャを含む
加工のお話もできればと思います😊