IMG_1333

ここ数日は花粉でダウン。熱がある時みたいで、
こういう時は消化の良いものを食べないと。


消化に良い食べ物というと、日本ではおかゆ、
豆腐、白身魚、鶏のささみなど。
ガッツリ食欲のおもむくままに食べている
イメージがあるけれど、イタリア人も消化には
大変気を使う人が多いです。


免許取りたての頃、9時間続けて運転して、
インぺリア(南仏に近い方)まで行った時。
きっと疲れていたのでしょう。冷たいビールを
カーッと飲んだその夜、自分史上最悪の腹痛で
救急病院に行きました。
医者には、蒸したジャガイモと生のオリーブオイルに塩、
これをしばらく食べなさい、と言われました。


そう、オリーブオイルは病気の時も必ず食べています。
オリーブオイルは古くから胃腸の守り神と呼ばれ、
胃壁を胃酸から守り、胆汁の分泌をうながし、
消化を助けてくれる食べ物なのです。


普段炒めたり揚げたりするところを、生で食べる
発想です。そして医者がもうひとつ言うのは、どんな
調理法にも、正しい方法で信用できる人から搾られた
オリーブオイルを使いなさい、ということ。


今日はインカの目覚めが安かったので、普通の
ジャガイモと混ぜたら、インカが圧倒的に
美味しくてびっくり。次回はインカだけにして
みようっと。